[今回のアレ]

【やたら濃厚なビール】

最近じわじわと人気が高まってきている、やたら濃厚なビールは、「インディア・ペールエール(IPA: India Pale Ale)」というジャンルのビールです。

最近はコストコやカルディだけでなく、スーパーや一部のコンビニでも見かけるようになるなど、だいぶメジャーになってきましたね。
ラベルがやたら派手で見慣れないものが多いので、私も初めは「インディーズ系ビール」くらいの認識だったのですが、海外では昔から人気の高い種類のビールだそうです。

ビールの種類は、ざっくり分けると「ラガー(Lager)」と「エール(Ale)」の大きく2種類に分類されます。
「ラガー」は比較的淡色で、発酵の終わりに酵母が沈む「下面発酵酵母」を使用し低温発酵させるのが特徴のビールで、日本で飲まれているのは、ほとんどがラガーの一種の「ピルスナー(Pilsner)」という種類です。
それに対し「エール」は、発酵中に酵母が浮かび上がる「上面発酵酵母」を使用し短期間に発酵させるのが特徴です。
IPAはエールの一種で、エールの中でも発酵度が比較的高く、またホップを多く使用しているのが特徴です。
この特徴により、いわゆる「プレミアムビール」の濃厚さとも違う、独特の濃厚な味わいが生まれます。
近年は海外からの輸入品だけでなく、日本でも「クラフトビール」「地ビール」としてIPAを醸造するところが増えてきており、Made in Japan のIPAは世界的にも評価が高かったりします。

IPAの中でも、さらにホップの苦みを効かせた「ダブル・インディア・ペールエール(WIPA: Double India Pale Ale)」は正に超濃厚でアルコール度も高め。日本のビールに慣れた方には衝撃的に感じるかもしれません。

IPAは、飲み会での「とりあえずビール」にはあまり向いていませんが、家飲みのビールとしては最高ではないでしょうか。


※法律により20歳未満の酒類の購入や飲酒は禁止されており、酒類の販売には年齢確認が義務付けられています。



【IPA、意外と種類多いです】

[amazon]

[楽天市場]



[最近人気]
先月のアクセス数トップ3
[一緒にどうぞ]