[今回のアレ]

【タマゴの黄身と白身を分けるアレ】

[タマゴ]

タマゴの黄身と白身を分けるアレは「黄身取り器」といいます。
最近は英語名そのままの「エッグセパレーター」という呼び名の方がメジャーかもしれません。

本来はお菓子やメレンゲを作る際に、卵黄と卵白を分けるための器具です。
しかし最近では𠮷野家とかでもタマゴを頼むとセットで出てきますね。
黄身だけをご飯にかけてTKG(タマゴかけご飯)をつくる人も最近は多いそうです。
昔は食卓で黄身と白身をわざわざ分けたりしなかったと記憶しているのですが、これも時代の流れでしょうか。

タマゴを半分に割ったときの殻を使って上手に黄身と白身を分ける人がいますが、器用でないと失敗するので、黄身取り器が一つあれば何かと安心です。
お菓子作りにも必須ですしね。

黄身取り器にはプラスチック製とステンレス製があり、プラスチック製のものは最近は100均でも売っているようですが、ステンレス製の方が白身のキレが良くスパッと分けれるような感じがしますし、たまにしか使わないのであれば、ステンレス製の方が衛生的かと思います。
ステンレス製なら安心して食洗機で洗えます。

ちなみに「黄身取り器」と「エッグセパレーター」、単なる呼び方の違いのようですが、「エッグセパレーター」より「黄身取り器」で検索した方が、業務用のしっかりとした造りのものを買うことができるようです。

ちなみに「玉子」と「卵」の違いは、前者が食材としてのタマゴ、後者がヒヨコになるタマゴ、だそうです。
でも生卵とか書くしなぁ、とかいちいち考えて使い分けるのが面倒なので、このページでは「タマゴ」で統一しました。
英語で書くとどっちも「egg」ですしね。



【探しているときは意外と見つからないアレです】

[amazon]

[楽天市場]

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

黄身取り器 ステンレス エッグセパレーター
価格:315円(税込、送料別) (2017/7/9時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

持ち手付きエッグセパレーター(黄身取り器)ステンレス製
価格:810円(税込、送料別) (2017/7/9時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

18-8 ステンレス  たまご黄身わけスプーン
価格:607円(税込、送料別) (2017/7/9時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SA 18-8 ステンレス  黄味取り器 7連
価格:6658円(税込、送料別) (2017/7/9時点)




[最近人気]
先月のアクセス数トップ3
[一緒にどうぞ]
このアレを見た人はあのアレも見てます
[ランダムリンク]
いわゆるランダムリンク
 スポンサードリンク